May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

10/16「自分でできるからだのお手入れ・沼田市第4回」開催しました

 

地域で内臓調整療法を学ぶ「自分でできるからだのお手入れ・沼田市第4回」を10月16日(月)に沼田市横塚町のHeart works 蔵ふとさんで開催しました。

今回のテーマは「感覚を持って動く」です。

 

普段の勝美内臓調整療法院での治療の他に、体を動かしながらバランスを整える教室を開きたいと手探りで始めたこの企画ですが、1回、2回、3回と続けるうちに皆さんにぜひお伝えしたいことがはっきりしてきました。

それは自律神経の作用を磨くということです。現代の人間は、自分の体の声を感じ取る力が弱くなっています。

そのために、過剰に痛みを恐れたり、痛みがなければ自分の体が壊れるほど動き続けたり、飲んだり食べたりしてしまいます。

体の声に耳をかたむけるより、頭のストレスを解消することにばかり夢中になってしまうのです。

そうして置き去りにされた体は、余計にストレスに弱くなり悪循環に陥ってしまいます。

それでは身体感覚など育つわけがありません。

むしろ、日常避けられないストレスや仕事に追われている人にとって、自分の身体感覚が鋭敏であるほうが生活がしづらいのかもしれません。

そのため健康を維持することを医療などにゆだねることになり、痛みなどの症状がなければ健康でいるような錯覚を起こします。

このような生活を繰り返していると、何かに依存しないと生きられない弱さから逃げられなくなってしまいます。

 

「感覚を持って動く」、言葉にするととても難しく感じますが、野生の動物や、遠い昔の先人や、今も原始的なくらしを続けている人々は無意識に行っていることです。

無意識にあたりまえに働くのが自律神経ですが、意識を持ってからだを見つめ直すことにより、忘れた無意識の感覚を取り戻しましょう。

 

今回沼田市で開催している「自分でできるからだのお手入れ」も次回で最後となります。

12月からは雪降る季節に入りますので一旦お休み。また、雪解けのあとどこかで開催する予定です。

少し難しいテーマに取り組みつつありますが、本当に自由なからだを手に入れるにはこれしかないと思っています。

興味のある方は来月ぜひ来てください。ご案内は後ほどいたします。

9/17「自分でできるからだのお手入れ・沼田市第3回」開催しました

 

 地域で内臓調整療法を学ぶ「自分でできるからだのお手入れ」、第3回も沼田市横塚町のHeart Works 蔵ふとさんで9月17日に開催しました。今回のテーマはからだが冷えて縮こまりがちな寒い季節に備え、「からだを伸ばして代謝を上げる」でした。いきなり代謝と言っても「代謝って何?」という人もいると思います。代謝とは簡単に言うと、日々細胞が生まれ変わることです。代謝が悪いと免疫が働かず体調が悪化しやすくなったり、太りやすかったり肌荒れしやすかったりして美容にも良くありません。では代謝を上げる運動とはどんな運動でしょうか?それは息を吸いながらしっかりと体を伸ばす運動です。朝起きて「今日も一日がんばるぞ!」と腕を挙げて背伸びするシーンを思い浮かべてください。または犬や猫を飼っている方なら、犬や猫が動き出す前にグーッと伸びをするポーズです。上の写真のようなポーズを息を吸いながら行えばよいのです。他にも効果的な運動はたくさんあります。

 このからだを伸ばすということは今回に限らず「自分でできるからだのお手入れ」を通しての大事なポイントの一つです。効果的に行うには少しコツがあります。次回はよかったら参加してみませんか?

第2回「自分でできるからだのお手入れ」開催しました

 

地域で内臓調整療法を学ぶ「自分でできるからだのお手入れ」、第2回も沼田市横塚町のHeart Works 蔵ふとさんで開催しました。

 

今回のテーマは「おなかの疲れを取り、おなかに力を入れて動く」です。

今年の夏は不安定な気候のため、暑い夏でも思ったよりおなかは冷えて固くなっています。

そんな疲れたおなかを緩めてあげて、しっかりとおなかに力を入れて動けるよう、運動と自分でできるおなかのお手入れをしてみました。

今回は女性6名の参加者に加え、まだハイハイしている小さな女の子がママと一緒に参加。

小さな小さな先生は「からだはこうやって自由に動かすのよ。」と言わんばかりに、参加した大人たちの間を笑顔をふりまいて動き回っていました。

本当に何よりのお手本です。

さなちゃんありがとう、また来てね。

8/9 群馬勉強会開催しました☆

 今回の勉強会は「体幹と上下肢のバランスをどのようにとるか」というテーマで臨床研究してみました。

 

 内臓調整療法理論の特徴に「体型は体幹(内臓)からゆがむ」という考えがあります。例えば、長期にわたり服薬を続けていると肝臓の緊張が起き、上体が右に傾くように倒れてきます。さらに血流の関係から右の腎臓にも緊張が起き、腰のゆがみから腰痛の原因が生まれます。他にも自律神経や血流の関係から頭部や肩周辺にもゆがみが起き、それらのゆがみをかばい修正するように四肢末端までゆがみは波及していきます。

 このように起きたゆがみに対して、内臓調整療法では体幹からアプローチして、最終的に残った関節や筋肉の障害に手を施すこともあれば、あえて四肢のモーターポイントに刺激を入れ、後から体幹(背骨)の調整をすることもあります。どちらにしても、最終的に根本原因である臓器にアプローチするのが内臓調整療法の最大の特徴です。

 それで今回はあえて、足関節のゆがみと重心を観て、足元の調整からアプローチして最終的に残った腹部の調整をしてみました。通常の勝美内臓調整療法院での施術の流れとは違いますが、あえて変則的な流れでアプローチすることにより、観えてくることもありました。当院では、内臓調整療法師会の研修会テーマに取り上げられることも多い、心臓や血管にかかる負荷を考慮しながら四肢にアプローチすることが多いです。例えば、左心室収縮不全の傾向がある方には、体循環を促すように四肢を動かしたり、右心室収縮不全の傾向がある方には肋骨の可動性をつけ肺循環を促すように、呼吸に合わせて腕を動かすことがあります。まず最初に四肢にアプローチする場合も、初めに調整設計を組み立てるのに循環の傾向を観ておくのです。

 

 現在勝美内臓調整療法院では不定期ではありますが勉強会を開催しております。また次回の企画が立ちましたらご案内します。内臓調整療法に興味をお持ちで勉強会の様子を見学したいという方もお問合せください。

 

第1回「自分でできるからだのお手入れ」開催しました

 たくさんの方が勝美内臓調整療法院に通ってくれていますが、受け身の治療だけでなく普段の生活について考えたり、気持ち良く体を動かしたりしてご自分の健康に向かい合ってもらいたいと思い、かねてから地域で一般の方を対象に内臓調整療法を学ぶ場を開けないものかと考えていました。そんな考えについてあるお客様とお話したところ、そんな場があればぜひとも参加したとおっしゃってくださり、「とにかく一度やってみよう。」ということとなり7月23日(日)実現しました。会場はお隣の沼田市横塚町で古民家を改装して地域の伝統工芸品を展示販売したり、地域のたまり場としてコミュニティカフェを開かれている「Heart Works 蔵ふと」さんに無料で提供していただきました。ありがとうございます。どんなことをしていくかは続けていくうちにおもしろくなっていくだろうと思いますが、このイベントには「自分でできるからだのお手入れ」という名前をつけました。どうぞよろしくお願いいたします。

 今回きっかけになってくれた客様が声をかけてくださり、6名の女性が集まってくれました。テーマは「体幹体感教室」と題しまして、「体幹(背骨)を中心として、呼吸とともに動く。」ことを実感してもらう運動を7つやってみました。四足の動物たちが当たり前にしていることを、我々人間が二本足で立って頭を使い過ぎているために忘れてしまった感覚を取り戻そうというものです。息を吸いながら体を伸ばしたり、重心をまっすぐに落としながら四股(しこ)を踏んだり、シンプルな運動ばかりですが、まっすぐ体幹を保ちながら動くのはこんなにも難しかったのかと、みなさん四苦八苦、手探りで始めた取り組みですがみなさん楽しめたようです。また来月も同じ場所で開催することが決まりました。

 今のところ、大々的にコマーシャルして人をたくさん集めたりということはせず、少人数のグループからお誘いを受けて開催する形をとっています。今後の展開によってはまた他のみなさんもお誘いしますね。希望としては、地元の若者から内臓調整療法を勉強して健康に体を動かすためのトレーナーさんが生まれればと願っています。当院としてはボランティアとして取り組んでいますが、そんな若者が現れれば、立派な職業としてがんばってもらいたいと思っています。とにかく一歩を踏み出しました。こうご期待!

 

<写真は蔵ふとさんの入り口に飾ってあった白樺のトナカイです>

<<back|<123>|next>>
pagetop